大切な命を守るためのチャイルドシート

子供の命を守るため、道路交通法という法律によりチャイルドシートの着用は義務付けられています。
シートベルトは140cm以上の体型を対象に作られています。
なので万が一の時に首や内臓を傷つけないよう6歳未満の子供や、6歳以上でも140cm未満の子供は必ずチャイルドシートを使用しましょう。
ベッド型のものもあるので、新生児でも安全に安心して乗せることができます。
使用義務のある子供がチャイルドシートを使用していない場合は法律違反となります。
罰金は発生しませんが、違反点数は1点加算されます。
しかし着用義務が免除される場合もあります。
それはバスやタクシーに乗る時や車内で授乳やおむつ交換を行う時、病気や怪我の子供を病院に運ぶ際に使用すると危険な時などの緊急の時が多いです。
そういったどうしても必要な時がない場合は必ず使用しなければなりません。
乗るのを嫌がる赤ちゃんやぐずる子もいますが、大切な命を守るためには必要なことなのです。

退職に関する法律を調べた
大切な命を守るためのチャイルドシート
6歳未満のお子さんにはチャイルドシートの使用義務があります
道路交通法の改正とチャイルドシートの使用義務