6歳未満のお子さんにはチャイルドシートの使用義務があります

ご家族でドライブをする時にドライバーがいくら気を付けていても交通事故に巻き込まれてしまう可能性があります。
大人は初めてから車にシートベルトが装備されてあるので安全なのですが、小さなお子さんには車に装備されているシートベルトではサイズが合わないので使用することができません。
そのためにいろんなメーカーから乳児用・幼児用・学童用チャイルドシートが販売されています。
かわいいお子さんを守るにはチャイルドシートが不可欠なのですが、実は法律で新生児から5歳までのお子さんには使用が義務付けられているのです。
6歳になれば使用義務はなくなりますが、一般的なシートベルトは身長140cm以上が対象になっているので、もし6歳になっても身体が小さなお子さんには引き続いて使用することが安全対策になるのです。
もしこの法律に違反しても罰金はありません。
一般違反行為の座席ベルト装備義務違反に当たり、基礎点数を1点付加されるだけです。
「罰金を取られないから使用しないでいいや」と思って、交通事故を起こしてお子さんに何かあってからでは取り返しがつきません。
お子さんの安全のためにも必ずチャイルドシートを使用して下さい。

退職に関する法律を調べた
大切な命を守るためのチャイルドシート
6歳未満のお子さんにはチャイルドシートの使用義務があります
道路交通法の改正とチャイルドシートの使用義務