道路交通法の改正とチャイルドシートの使用義務

交通事故件数が増加した背景で、様々な法律が新しく制定されたり、改正されました。
これらの法律は、酒気帯び運転のように運転手自身の交通道徳に対する規則だけではなく、同乗者に対する安全確保を義務づける法律も該当します。
例えば、チャイルドシートに関するものも良い例です。
平成12年4月の道路交通法の改正により、同乗する6歳未満の子供にチャイルドシートを使用させることが義務付けられました。
これによって、不慮の事故に遭遇しても、子供の安全性は一定レベルで確保されます。
乳幼児の場合は一見、同乗者が抱いている方が安全のように見えますが、実際に衝突の衝撃で、乳幼児が放り出されてしまうため、やはり、乳幼児用のチャイルドシートに固定した方が安全であることは知られています。
もし、これに反した場合、罰金はありませんが、違反点数が1点加算されます。
但し、いくつかのケースでは、違反を免除されます。
例えば、子供が怪我をしている、あるいは、肥満などの体型でシートに固定できない状態にある場合や、乗車人数が多くてシートを設置できない場合、子供が病気等の理由で医療機関へ緊急搬送する場合などが免除の対象となります。

退職に関する法律を調べた
大切な命を守るためのチャイルドシート
6歳未満のお子さんにはチャイルドシートの使用義務があります
道路交通法の改正とチャイルドシートの使用義務